神戸で家を建てるなら当センターへ。建築会社選び、ローン選び、保険選びは無料でサポート!

住宅ローン選び

住宅ローン選びをサポート

こんな悩みや不安はありませんか?
  •   そろそろ家を建てたいが、何から始めればよいかわからない
  •   住宅ローンの金利タイプ、たくさんあってどれを選べばいいのかわからない
  •   住宅ローンを本当に支払っていけるのか心配
  •   住宅ローンの借り換えをするとどのくらい返済額が減るのか知りたい

そんなあなたを司法書士兼業ファイナンシャルプランナーによる住宅相談センタ神戸がマイホームの建築、購入における資金計画から住宅ローン選びを強力にサポート!

新築はもちろん、中古物件の購入やリフォーム資金相談も対応可能。
また、住宅ローン借り換え繰上げ返済といったマネープラン相談にも対応可能です。
お気軽にご相談ください。

住宅ローンのことは住宅相談センター神戸にご相談ください

こんなときは

  • マイホームを建てたい(買いたい)が、何から始めればよいかわからない方
  • 少しでも住宅ローンや諸費用の負担を減らしたい方
  • マイホームの計画を進めているが、住宅ローンなどの資金計画や将来の返済に不安を感じる方
  • 適切な住宅ローンの金額を確認したい方
  • マイホーム取得のため、家計や保険の見直しをしたい方

住宅ローン相談のメリット

  • 現在の収入や将来の見通しにあった借入額が、いくらかを知ることができます。
  • 将来の収支もシミュレーションでき、住宅ローンの返済をイメージできます
  • 住宅ローンのタイプやそれぞれの特徴とリスクを知ることができます。
  • 銀行担当者、住宅営業マンが薦めるローンが、どういうものか第三者の立場からアドバイスを受けられます。

住宅ローンの金利タイプを選ぶ

住宅ローンを調べると、全期間固定金利のもの(固定金利)、金利が変動するもの(変動金利)、一定期間金利が固定されているもの(これも変動金利の一種です)と様々な金利タイプの商品があります。

金利は低いほうがいいが、金利だけで住宅ローンを選ばない

住宅ローンを選ぶ際、まず金利に目が行きがちです。金利は低い方がいいのですが、住宅ローンを選ぶときには、各金利タイプの特徴やリスクをよく理解した上で選ぶことが必要です。

変動金利の住宅ローン

変動金利は借入期間中半年ごとに金利が見直されるものをいいます。
金利は、変動金利型の住宅ローンの方が固定金利のものより低くなっています。
金利は低い方がいいですが、変動金利商品は将来金利が上昇すると支払額が増える可能性があり、さらには最終回に高額の支払いをする可能性があります。

変動金利の住宅ローンは、金利が上昇しても5年間は金利が変わらないルール(5年ルール)と返済額を見直す際にも25%以上増額することはないルール(125%ルール)により、借入期間中の金利動向によっては、35年間支払ってもローンが残る場合があります

35年支払ってもローンが残るとはどういうことかというと、借入期間中の金利動向によっては、
・返済額が変わらない5年の期間中に金利が上昇し、利息の支払額が増えて元本があまり減らない
・利率が上がっても返済額の上限が決まっているため、利息の支払いが多く元本があまり減らない
ということが起こり、35年目に多額の住宅ローンが残るという事態が発生する可能性があるのです。

そのため銀行の変動金利の商品説明書には「当初のご融資期間が満了しても未返済残高がある場合は、原則としてご返済期日に一括返済していただきます。」と記載されています。これは、最終回にいくら残っていても全額を支払わなければならないという意味で、銀行はこういう事態に備えて、こういった取り決めをしているのです。
しかし、このようなことまで説明を受けて理解したうえで変動金利の住宅ローンを借りている方は少ないのではないでしょうか。

固定金利の住宅ローン

固定金利は、借入期間中金利が一定で、返済額が変わらないものをいいます。
固定金利型の住宅ローンは変動金利のものより金利は高めに設定されていますが、将来金利が上昇しても返済額が変わらず家計管理がしやすいというメリットがあります。

住宅ローンを支払えるかシミュレーション

住宅ローンは35年という長期間支払いを続けるものです。本当に支払っていけるか不安になる方も多いでしょう。人生の3大資金は「住宅資金」「教育資金」「老後の資金」と言われますが、このうちご自身でコントロールできるのは住宅資金です。

住宅相談センター神戸では、現在の収入や家族構成などを基に、将来の家計をシミュレーションすることができます。
お子様が高校生から大学生になる頃に最も教育資金の負担が大きくなります。それまでに教育資金を確保しながら、住宅ローンを安定して支払うにはどうするといいかをグラフ等で示しながら説明いたします。

将来の返済まで考えた安心の住宅ローン選びをサポートします。

中立の立場で住宅ローン選びのアドバイス

住宅ローンを選ぶ前提として、住宅ローンに関する知識や情報を得ておく必要があります。知らないことについては、専門家からアドバイスを受けるのが一番いいでしょう。

では、誰にアドバイスを受けるのがいいでしょうか?

ハウスメーカーや不動産会社の営業担当者に相談するケースが多いようですが、営業マンは不動産販売の専門家ですが、住宅ローンの専門家ではありません。また、金融機関の社員は自社の住宅ローンの販売をすることを考えています。

住宅ローンを選ぶ際は、ライフプランニングをして、将来の家計まで考えておくことが重要ですので、そういった相談ができるファイナンシャルプランナーに相談されることをおすすめします。

住宅相談センター神戸では、スタッフ全員が司法書士兼業のファイナンシャルプランナーとして、住宅ローンの金利タイプの特徴をリスクを含めて説明します。

住宅ローンの借り換えもサポート

金利が低い今、住宅ローンを借り換えをするチャンスです。

しかし、借り換えをしてどれだけ支払いが減るのかなかなか分かりませんよね。

当社では、住宅ローン借り換えのシミュレーション計算を行っています。

借り換えをする前に、じっくり検討することができます。

フラット35は当社が取次ぎ

当社は、ハウス・デポ・パートナーズ(三井物産グループ)のフラット35の取次店となっています。

フラット35のお申し込みは当社を通して行うことができます。

平日はお仕事で銀行に行けない方も、週末に当社で借り入れ申し込みをすることができます。

フラット35取次ぎ

お気軽にお問い合わせください TEL 078-805-6512

  • メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 住宅相談センター神戸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.